借り換えローンの繰り上げ返済

HOME > 借り換えローンの繰り上げ返済

住宅ローンの借り換えで繰り上げ返済を活用する

無人のリビングの画像

現在借り入れている住宅ローンよりも、より金利が低いものに借り換えることで返済総額を減らすことができる借り換え住宅ローン。

借り換えをすることで、毎月の返済額を従来よりも抑えることができ、その余裕を貯蓄に回すことも不可能ではありません。

でも住宅ローンはできるだけ早く返済をするのが、返済総額を少なく完済させるコツです。

ある程度貯蓄ができれば、旅行や買い物を楽しみたいと思うかもしれませんが、その分を繰上返済という形でローンの支払に充当すれば、返済期間を短くできるだけでなく、支払総額も減らすことができるんですよ!

通常、毎月返済している住宅ローンの金額は、借り入れた元金に対する「元金返済分」と、利息に対する「利息支払分」の2つで構成されています。

しかし繰り上げ返済の場合、返済した金額は元金の返済分を前倒しすることになるため、元金が減ることによってそれに対する利息も減少させることができるのです。

つまり、繰上返済を行なえば行なうほど元金を減らすことが出来るため、本来支払わなければならなかった利息を減らすことができ、支払総額を抑えることにつながるということなのです。

「それなら金利の低い住宅ローンに借り換えて、どんどん繰上返済するぞ!」と思われたあなた。じつは住宅ローンの中には、この繰上返済の度に手数料がかかるものがあります。

せっかく金利の低いものに借り換えをするのに、繰上返済の度に手数料が取られてしまうのはもったいないですよね!そこでお勧めなのが、繰上返済がお得な住宅ローンなんです。

借り換え住宅ローンの多くは、繰上返済時に5千円から3万円程度の手数料が必要になっています。

しかし中には手数料が無料な上に、返済金額も1円単位で指定でき、インターネットで手続きが行なえるというものがあります。

こうした住宅ローンなら、気軽にしかもかなりお得に繰上返済をすることができそうですよね!

できるだけ早く住宅ローンを完済したいのであれば、繰上返済がお得な住宅ローンに借り換えるようにすればよいのではないでしょうか。

住宅ローン借り換え比較ランキング 《2017年3月版》