住宅ローン借り換え借入期間を延長

HOME > 住宅ローン借り換え借入期間を延長

住宅ローンの借り換えで借入期間を延長する

無人のリビングの画像

不況のあおりを受けて、残業代やボーナスのカットを行なう企業の増加に伴って、住宅ローンの返済が困難になる人の数も増加の一途をたどっていると言われている昨今です。

住宅ローンの返済が、家計を圧迫しているという方も多いのではないでしょうか。先行きがまだまだ不透明な経済状況の中で、今後の住宅ローン返済にもし不安を感じているのであれば、住宅ローンの返済プランを見直して、借り換えを検討するべきかもしれません。

「でも借り換えをしても諸費用が嵩んだりして、思ったほどの見直し効果はないのでは?」と思われたあなた!

実は、借入期間を延長できる借り換え住宅ローンを選べば、契約の返済期間が延びた分と、金利が下がった分、双方の毎月の返済額を抑えることができるため、現在よりも月々の返済額を抑えて、家計にゆとりある住宅ローン返済ができるのです。

一般的に、金融機関で借り入れていた住宅ローンを別の金融機関で借り換えた場合、借入期間は「借り換え対象となる住宅ローンの残存期間内」とされるものです。

つまり通常の借り換え住宅ローンであれば、借り換えたとしても元々のローンと比べて借り入れ期間を長くすることはできないため、金利が下がった分しか月々の返済額を抑えることができないのです。

しかし、借り換えで借入期間を延長することができれば、月々の返済額を抑えることができるのです。

借入期間を延長できる借り換え住宅ローンの中には、元のローンの残りの期間に関わらず最長35年も借入期間の延長ができるというものもあります。

こうしたローンを上手に活用すれば、毎月の返済額を抑えながらの返済が可能になります。

住宅ローン借り換え比較ランキング 《2017年4月版》