住宅ローン借り換えの金利比較

住宅ローンの借り換えは金利比較で選ぶ

金利の調査の画像

あなたが現在借り入れている住宅ローン。金利はどのくらいの数字になっていますか?

 

このところ、従来の大手の都市銀行や住宅ローン専門ノンバンクなどの他に、ネット専業銀行や生命保険会社など、かなりたくさんの会社が多種多様な住宅ローンを扱い始めています。

 

最近の低金利の影響もあり、こうした新たな住宅ローンの中には、従来のものよりもかなり金利が低いタイプも登場しているんですよ!

 

もしあなたが借り入れているローンが変動金利だったり、期間固定型なのであれば、より低金利なものに借り換えるチャンスかもしれません。

 

借り換えができる住宅ローンとひとくちに言っても、ちょっと調べてみると驚くほどの種類があることがお分かりになるかと思います。

 

でもだからといって、「たくさんありすぎて選べないけど、これなら今のローンより金利が低いから、とりあえずこれでいいや」なんて安易に選んではいけません。

 

住宅ローンの借り換えでは、どのローンを選ぶかによって最終的な返済総額が数百万円単位で変わってしまうことも有り得ます。

 

もちろん、金利だけで選ぶべきではありませんが、やはり返済総額を大きく左右することになる金利面に関しては、最大の選択ポイントにするべきだと言えるのです。

 

借り換え住宅ローンを金利比較で選ぶ際には、変動金利と固定金利それぞれの数字をしっかりと比較する必要があります。

 

こうした金利比較は、インターネットなどで「低金利ランキング」などを活用すれば簡単にわかるようになっていますが、できれば金利面だけではなく融資手数料や保証料、また繰り上げ返済時の手数料などについても比較して、長い目でみてコストを節減でき、なおかつ金利も低い借り換え住宅ローンを選ぶようにしたいものです。

住宅ローン借り換え比較ランキング 《2017年11月版》

サムネイル
  • 申し込みから契約までネットで完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最安水準の低金利で満足度が高い
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 返済額を少なくする借り換えを実現
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料はランクに応じ月最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35の最低金利を実現
  • 融資事務手数料も最安水準
  • ネットで申し込み・来店不要
  • ネット利用で繰上返済10万円から
  • フラット35で返済総額が安い
  • 繰り上げ返済手数料・保証料0円
  • 団信保険料は本人が負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 住宅ローン借り換えでも高い人気
  • 専門スタッフによる無料個別相談
  • 借り換えで借入れ期間延長が可能な場合も
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35で最低水準の低金利
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • 住宅ローン専門で10年の実績
  • ARUHIメンバーズクラブが便利
  • 全国に店舗を展開・安心サポート
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み