住宅ローン借り換え銀行の選び方は?

住宅ローン借り換え比較ランキング 《2017年10月版》

サムネイル
  • 申し込みから契約までネットで完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最安水準の低金利で満足度が高い
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 返済額を少なくする借り換えを実現
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料はランクに応じ月最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35の最低金利を実現
  • 融資事務手数料も最安水準
  • ネットで申し込み・来店不要
  • ネット利用で繰上返済10万円から
  • フラット35で返済総額が安い
  • 繰り上げ返済手数料・保証料0円
  • 団信保険料は本人が負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 住宅ローン借り換えでも高い人気
  • 専門スタッフによる無料個別相談
  • 借り換えで借入れ期間延長が可能な場合も
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35で最低水準の低金利
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • 住宅ローン専門で10年の実績
  • ARUHIメンバーズクラブが便利
  • 全国に店舗を展開・安心サポート
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


住宅ローン借り換え銀行の選び方は?

ファミリーの画像

住宅ローン借り換えを考えたときに一番大事なことはやはり銀行選びになります。

 

適切な銀行の住宅ローンを選んで借り換えをすることではじめて借り換え効果をしっかりと得ることができるのです。

 

繰り返しになりますが表示されている金利が安いというだけの理由で借り換える住宅ローンを選ぶと思わぬ失敗をする可能性が高くなります。

 

住宅ローン借り換えで失敗しないための銀行選びをしたい方に、大事なポイントを押さえてこちらでご紹介していきます。

 

損をしない、失敗しないための銀行選びに必須の条件をしっかりとご紹介していますのでチェックしてみてください。

住宅ローン借り換え銀行の選び方記事一覧

家計を毎月圧迫する住宅ローンの返済、高い金利・・・。長引く不況の影響と、続いている低金利の影響を受けて、今住宅ローンの借り換えを検討している方が増えています。でも借り換えの際には金利や諸経費、手続きの利便性の高さなど、調べたり比較したりするポイントがたくさんあって迷ってしまいますよね。「たくさんある借り換え住宅ローンの中から、他の人はどんなものを選んでいるの?」こんな疑問を持つ多くの方が参考にして...

あなたが現在借り入れている住宅ローン。金利はどのくらいの数字になっていますか?このところ、従来の大手の都市銀行や住宅ローン専門ノンバンクなどの他に、ネット専業銀行や生命保険会社など、かなりたくさんの会社が多種多様な住宅ローンを扱い始めています。最近の低金利の影響もあり、こうした新たな住宅ローンの中には、従来のものよりもかなり金利が低いタイプも登場しているんですよ!もしあなたが借り入れているローンが...

あなたが住宅ローンを借り換えようと思ったときに、最も気になるポイントは何でしょうか。やっぱり返済総額に大きな影響を及ぼす、金利面が一番気になるという方が多いのかもしれませんね。でも実は金利面だけで借り換えローンを選んでしまうと、借り換えの際にかかる諸費用が何かとかさんで、差し引くとそんなに借り換えのメリットがないどころか、逆に損してしまうという場合も有り得なくはないものなんですよ!実は住宅ローンを...

住宅ローンの借り換えで借入れ期間を延長することは可能なのでしょうか?住宅ローン審査に通って返済をはじめたけれど、毎月の返済額が高くて負担が大きい。借りる前のシミュレーションでは楽に返済できると思ったけれど、実際に借りてみると思ったより大変だった。例えばこんなときに、住宅ローンの借入れ期間を延長することはできるのでしょうか。借入れ期間を延長することができれば、利息は増えるものの毎月の返済額は少なくで...

現在借り入れている住宅ローンよりも、より金利が低いものに借り換えることで返済総額を減らすことができる借り換え住宅ローン。借り換えをすることで、毎月の返済額を従来よりも抑えることができ、その余裕を貯蓄に回すことも不可能ではありません。でも住宅ローンはできるだけ早く返済をするのが、返済総額を少なく完済させるコツです。ある程度貯蓄ができれば、旅行や買い物を楽しみたいと思うかもしれませんが、その分を繰上返...