住宅ローン借り換えのメリット

HOME > 住宅ローン借り換えのメリット

住宅ローンの借り換えのメリットを考察

3人家族の画像

マンションや戸建住宅など、夢のマイホームを手に入れるときに多くの方が利用する住宅ローン。

「一生に一度の大きな買い物」と言われるだけあって、ある程度の頭金を用意することができたとしても、住宅ローンで借り入れる金額は、長い年月をかけて返済し続けなければならないほどの大きさになってしまいますよね。

その総返済額を大きく左右するのが、住宅ローンの金利。中には、借り入れたあとはあまり金利のことは気にしないで返済を続けている、という方がいらっしゃるかもしれません。

しかし住宅ローンは金利の数字のほんの少しの違いが、大きな金額の違いとなってしまうものです。

もし現状、金利の高いローンの借り入れをしているのであれば、より金利の低いローンに借り換えすることで、総返済額を減らすことができるかもしれません。

では具体的に、住宅ローンの借り換えのメリットとはどういうものなのでしょうか。

まず挙げられるのは、返済総額を少なくすること。より金利の低いローンに借り換えすれば、当然のことながら支払わなければならない利息が減るためです。また、総返済額を少なくすることができたうえで、返済額は今までと同じ額に設定すれば、従来より早くローンを完済することができます。

逆に、返済期間を短くせず従来どおりのままにしておけば、毎月の返済額を今よりも減額できるのです。

いずれにせよ、返済期間を短くしたり毎月の返済額を少なくすることで、総返済額を従来よりも減らすことができるという金銭的なメリットが生まれますよね。

またこうした金額のことだけではなく、変動金利の住宅ローンで借り入れをしている方が長期固定金利の住宅ローンに借り換えた場合、今後の金利の上昇リスクと「もしかしたら近々金利が上がるかも・・・」という精神的な負担を回避することができます。

このようにメリットのたくさんある住宅ローンの借り換え。現在、金利の高い住宅ローンを借り入れている方や変動金利が気になるという方には、一考する価値アリと言えそうです。

住宅ローン借り換え比較ランキング 《2017年3月版》