住宅ローン借り換えのベストタイミングは?

住宅ローンの借り換えベストなタイミング・時期はいつ?

親子の画像

住宅ローンを借り換えて、なんとか返済総額を少なくしたい・・・。

 

でもそう考えながらも、なかなか行動に移せないと悩む方は多いものです。その最大の理由は「住宅ローン借り換えのベストなタイミング・時期がいつなのかわからない」ということ。

 

でもいつまでも迷って高い金利の住宅ローンを支払い続けるのは、決して良いことだとは言えませんよね。

 

では住宅ローンの借り換えで後悔しない、ベストなタイミング・時期とはいったいいつなのでしょうか。

 

基本的に、住宅ローンの借り換えを思い立ったらできるだけ早く行動を始めるのが吉!

 

つまり、思い立ったら即行動し、一日でも早く金利の低い住宅ローンに借り換えるのがベストと言えます

 

しかし何かきっかけがないとなかなか動けないというのであれば、まずは年収のことを考えてみてはいかがでしょうか。

 

年収は、住宅ローン借り換え時の審査のポイントとなります。毎年12月になると、その年の年収が審査対象となります。

 

たとえば昨年の年収は600万円あったけど、今年は500万円程度になりそうだな・・・と思ったら、12月に入る前、秋頃の時点で新たな住宅ローンに申し込んで審査を受ける必要があります。

 

また、一定期間のみ固定金利となっている住宅ローン借り入れている方の場合、「固定期間が終わってから、もし金利が上がっていたら借り換えを考えよう」と思われていませんか?

 

このような考えでいると、固定期間の間に金利が上昇してしまい、固定期間が終わったら返済額が増えた!というようなことにもなりかねません。

 

まだ固定期間だから・・・とのんびり構えていないで、変動金利に移る前に余裕を持って借り換えをするのがベストです。

 

現在の日本は低金利市場ですので、短期固定の方や固定期間が残り短くなっている方は特に「今が借り換えの時期!」と判断されるとよいのではないでしょうか。

住宅ローン借り換え比較ランキング 《2017年6月版》

サムネイル
  • 申し込みから契約までネットで完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最安水準の低金利で満足度が高い
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料も無料
  • 返済額を少なくする借り換えを実現
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 住宅ローン借り換えでも高い人気
  • 専門スタッフによる無料個別相談
  • 借り換えで借入れ期間延長が可能な場合も
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35で最低水準の低金利
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • 住宅ローン専門で10年の実績
  • ARUHIメンバーズクラブが便利
  • 全国に店舗を展開・安心サポート
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み