住宅ローン借り換え研究!

住宅ローン借り換え比較ランキング 《2017年8月版》

サムネイル
  • 申し込みから契約までネットで完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最安水準の低金利で満足度が高い
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料も無料
  • 返済額を少なくする借り換えを実現
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35の最低金利を実現
  • 融資事務手数料も最安水準
  • ネットで申し込み・来店不要
  • ネット利用で繰上返済10万円から
  • フラット35で返済総額が安い
  • 繰り上げ返済手数料・保証料0円
  • 団信保険料は本人が負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 住宅ローン借り換えでも高い人気
  • 専門スタッフによる無料個別相談
  • 借り換えで借入れ期間延長が可能な場合も
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35で最低水準の低金利
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • 住宅ローン専門で10年の実績
  • ARUHIメンバーズクラブが便利
  • 全国に店舗を展開・安心サポート
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


住宅ローン借り換え研究記事一覧

低金利市場となっている現在の日本において、金利の低さを売り物にしている住宅ローンがどんどん増えてきています。ついには、「自行に預金口座を作った顧客は、その口座残高額までの借り入れに対しては金利がゼロになる」というゼロ金利住宅ローンを販売する銀行まで現れるなど、低金利化競争は熾烈化していく一方です。しかし、住宅ローンは金利が低ければそれでよい、というものではありません。借り換えを検討する際には、さま...

住宅ローンを借り入れる際に受けることになる審査。通常、最初に住宅ローンを借り入れる際に受ける審査は、自己破産の有無、ローンやクレジットの遅延の有無、勤続年数、自己資金(頭金)の額などの個人の返済能力に関する事前審査を金融機関から受け、その後、購入する住宅の物件としての担保価値と個人の返済能力などの本審査を、保証人となる信用保証会社から受けて、ようやく融資が決定される仕組みになっています。では、この...

住宅ローンを借り換えて、なんとか返済総額を少なくしたい・・・。でもそう考えながらも、なかなか行動に移せないと悩む方は多いものです。その最大の理由は「住宅ローン借り換えのベストなタイミング・時期がいつなのかわからない」ということ。でもいつまでも迷って高い金利の住宅ローンを支払い続けるのは、決して良いことだとは言えませんよね。では住宅ローンの借り換えで後悔しない、ベストなタイミング・時期とはいったいい...

旧公庫ローンの段階金利による返済額のアップや、低金利住宅ローンの登場などをきっかけに、住宅ローンの借り換えを検討されている方が最近増えています。でも、住宅ローンの契約時には、長期の火災保険の契約をしている場合が多いですよね。もし住宅ローンの借り換えをするのであれば、現在加入している火災保険はいったいどうなるのでしょうか?たとえば、旧公庫で住宅ローンを組んでいる方の場合、特約火災保険への加入が義務付...

所得と控除まず、税金に詳しくない人のために「控除」について説明しておきましょう。よく勘違いされるのですが、住宅ローン減税の控除というのは「お金が貰える」という制度ではありません。日本に住んでいる成人は、国に対して税金を納める義務があります。この税額は、個人の所得によって決まります。控除と言うのは、国が認めた費用に関しては「所得から差し引いていいよ」というもので、身近な控除では「医療費控除」がありま...