フラット35借り換えで人気の銀行を比較

フラット35の借り換えで人気の銀行を比較!

調査の画像

そもそもフラット35とは?

フラット35は、住宅金融支援機構(前:住宅金融公庫)と取扱い先の民間金融機関が共同で提供する長期固定金利住宅ローンの商品名です。

 

一番の特徴は、返済期間が最長35年と長期間で金利が固定であるという点です。

 

又、繰り上げ返済手数料や保証料が不要であり、団体信用生命保険の加入も任意である点も一般の住宅ローンと大きく異なるポイントです。

 

団体信用生命保険の加入が任意ということは、既往症で保険に加入できない人(=一般の住宅ローンを組むことができない人)でも申し込むことができるというメリットがありますが、万が一、債務者が死亡や高度障害になったときでも住宅ローンが残ってしまうことが危惧されます。

 

 

フラット35は、どの銀行を選んでも同じ?

フラット35は住宅金融支援機構が提供する半公的な性格がある住宅ローンなので、どこも同じと思っている人も多いようですが、実はそうではありません。

 

提供する銀行によって金利や融資手数料などが異なるのです。

 

金利と手数料で返済総額は大きく変わってきますから、新規で借りる場合にも借り換えの場合にもどの銀行のフラット35を選べばいいのかしっかりと比較検討する必要があるようです。

 

ここでは、住宅ローン借り換えで人気が高い金融機関のフラット35を比較してみたいと思います。

 

 

楽天銀行 フラット35

ネットショッピングサイトで有名な楽天グループの銀行である「楽天銀行」が提供する商品です。

 

楽天銀行のフラット35のメリットは、住宅ローン金利と低さは勿論、融資手数料も最低ランクに設定されている点にあります。

 

新規借り入れの場合、融資手数料は借入額の2.16%というのが相場ですが、楽天銀行フラット35の融資手数料は1.404%とかなり低く設定されています。

 

しかも、フラット35の返済口座を楽天銀行に設定すると融資手数料が優遇され、1.08%と一般の半額にまで格安になります。

 

更に住宅ローンの借り換えを行うと、ATM手数料が毎月5回まで無料になる上に、最長2年間、楽天スーパーポイントが通常の3倍になるハッピープログラムのVIP会員に登録することができます。

 

 

ARUHIフラット35

ARUHI(旧SBIモーゲージ)は、4年連続でフラット35の取り扱い高ナンバー1を誇ります。

 

それだけでなく、ARUHIフラット35の特徴は全国168店の店舗で借り入れや借り換えについて対面による相談ができるのが最大の魅力となっていることです。

 

更に、ARUHIでは借り換えのタイミングを教えてくれる「レートウォッチャー」や借り換えた場合の金額シミュレーションを提供してくれる上に、AIU火災保険加入20%割引や8疾病保障特約、失業保障特約など付帯保険も充実しています。

 

 

住信SBIネット銀行フラット35

住信SBIネット銀行のフラット35の最大の特徴は、金利に0.5%を加算することで8大疾病保障が付帯する団体信用生命保険に加入できる点です。

 

金利面で住宅金融支援機構の指定金利のうち、毎月最低金利を採用している点も見逃せません。

 

残念な点は、2017年1月4日より融資手数料が2,16%に引き上げになった事と返済口座が住信SBIネット銀行以外は指定できなくなった点が挙げられます。

 

 

日本住宅ローンMCJフラット35

日本住宅ローンMCJフラット35は、積水ハウス・大和ハウス工業・セキスイハイム・日立キャピタルという4大ハウスメーカーが「マイホーム取得という夢を多くの人に実現する」という理念のもとに共同出資して提供している長期固定金利住宅ローンです。

 

日本住宅ローンの設立は2003年ですが、4大ハウスメーカーの提携ローンという信頼感と金融機関としての信用力格付けでAランクを取得しているので融資残高を急速に増やしており、フラット35住宅ローンの中でもトップクラスの実績を築き上げつつあります。

 

金利タイプは借り入れ当初の追加費用が変わらない「標準タイプ」と金利を低くする代わりに手数料を先払いする「特約スーパーまいど」の2種類があります。

 

 

財形住宅金融「財住金フラット35」

財形住宅金融という名前は聞いたことが無い人も多いと思いますが、会社の設立は昭和57年と古く、歴史ある厚生労働大臣登録の福利厚生会社です。

 

フラット35の取り扱いは平成17年から開始されおり、多くの企業の福利厚生サービスを代行してきたネットワークを基に利用者を増やしています。

 

財住金フラット35の特徴は住宅の新築や新規住宅の購入だけでなく中古住宅の購入にも利用できる点や、財住金の財形住宅融資を利用する場合は融資手数料が10,800円(税込)と格安な点にあります。

 

金利タイプは、金利が高くなる代わりに融資手数料が割安になる「定額型」と金利が低くなる代わりに定率の融資手数料がかかる「定率型」の2種類があります。

 

 

フラット35のスペック比較

それでは、最後にご紹介したフラット35のスペックを比較してみましょう。

 

【楽天銀行フラット35】
融資手数料(新規借り入れ):1.08〜1.404%(税込)
15−20年固定金利     :1.01%
21−35年固定金利     :1.12%

 

【ARUHIフラット35】
融資手数料(新規借り入れ):2.16%(税込)
15−20年固定金利     :1.01%
21−35年固定金利     :1.12%

 

【住信SBIネット銀行フラット35】
融資手数料(新規借り入れ):2.16%(税込)
15−20年固定金利     :1.01%
21−35年固定金利     :1.12%

 

【日本住宅ローンMCJフラット35】
融資手数料(新規借り入れ):32,400円(税込)
15−20年固定金利     :1.17%
21−35年固定金利     :1.28%

 

【財形住宅金融 財住金フラット35】
融資手数料(新規借り入れ):1.0%+税 手数料定額型(20,000円+税)利用時は金利が+0.1%アップ
15−20年固定金利     :1.01%
21−35年固定金利     :1.12%

 

住宅ローン借り換え比較ランキング 《2017年9月版》

サムネイル
  • 申し込みから契約までネットで完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最安水準の低金利で満足度が高い
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 返済額を少なくする借り換えを実現
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料はランクに応じ月最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35の最低金利を実現
  • 融資事務手数料も最安水準
  • ネットで申し込み・来店不要
  • ネット利用で繰上返済10万円から
  • フラット35で返済総額が安い
  • 繰り上げ返済手数料・保証料0円
  • 団信保険料は本人が負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 住宅ローン借り換えでも高い人気
  • 専門スタッフによる無料個別相談
  • 借り換えで借入れ期間延長が可能な場合も
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35で最低水準の低金利
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • 住宅ローン専門で10年の実績
  • ARUHIメンバーズクラブが便利
  • 全国に店舗を展開・安心サポート
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み