住宅ローン借り換え手順

住宅ローン借り換えの手順は?

住宅ローンの借り換えというのは、新規の借入れ先が全て手続きを行ってくれるのでしょうか?今の銀行には誰が連絡をするべきなのか。教えてください。

今の銀行には自分から連絡をする必要があります。

 

住宅ローンの借り換え依頼と、今の銀行との契約終了は別の手続きになります。

 

同様のご質問をいくつか頂きました。やはりみなさん借り換え=一貫した手続きと考えておられる方が多いご様子です。

 

実際には、住宅ローンの借り換え申し込みと、一括返済は異なる手続き内容になります。この時点でお気付きの方も多いかもしれませんが、借り換えというのは、今まで契約をしていた銀行へ一括返済をする事になります。

 

つまり新規に借入れをする銀行にとっては、「そこに返すために新規にローンを組み替える」という認識しか持っておらず、その手続き等には関与してくれない事が多いのです。

 

時々、借り換え=今までの銀行との契約を途中解約して、新しい銀行で続きを契約するという考え方をしている人がいます。

 

利用者の感覚としては決して間違った捉え方ではないのですが、実際には繰り上げ一括返済になり、一度そこで一つの住宅ローンそのものが終わっているのです。

 

その住宅ローンを終わらせるためのちょっと変わった金融商品が"住宅ローンの借り換えプラン"になるのです。

 

少し分かり難いですよね。

 

当然、早期返済をする訳ですから、今まで借りていた銀行には「一括返済」というワードを伝える必要があります。

 

人によっては一時期的に返済額を増額した繰上げ返済をされる方もいますので、一括というワードを必ず伝えておく必要があるのです。

 

とは言っても決してそこまで難しく考えすぎる必要はなく、簡単に応じてくれる事がほとんどなので、住宅ローンの借り換え見通しがある程度立ってから、伝えるものだと考えておいてもまったく問題ありません。

 

ただ、借り換えが開始される時期=まとまったお金が入る時期になりますので、返すタイミングについては、事前に相談しておく必要があります。

 

急に大金を持ってこられても、銀行側は困りますからね。

 

何よりも今までの銀行側からの許可も借り換えでは必要になりますので、事後通達だけでは許されない行為でもあるのです。

 

どうしても心配な場合は、今の銀行でも新規の銀行でも構いませんので、一度借り換えの手順について相談されてみるのが一番かと思います。

 

分かりやすく解説してくれているパンフレットが銀行に置いてある事も多いです。

住宅ローン借り換え比較ランキング 《2017年6月版》

サムネイル
  • 申し込みから契約までネットで完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最安水準の低金利で満足度が高い
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料も無料
  • 返済額を少なくする借り換えを実現
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 住宅ローン借り換えでも高い人気
  • 専門スタッフによる無料個別相談
  • 借り換えで借入れ期間延長が可能な場合も
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35で最低水準の低金利
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • 住宅ローン専門で10年の実績
  • ARUHIメンバーズクラブが便利
  • 全国に店舗を展開・安心サポート
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み