住宅ローン借り換えの必要書類

HOME > 住宅ローン借り換えの必要書類

住宅ローン借り換えで必要となる書類は?

顔

借り換えで必要になる書類は?

ぶしつけで申し訳ないのですが、住宅ローンの借り換えをする予定です。 一応、銀行からは説明を受けているのですが、メモを無くしてしまいまして・・・。 恐縮ではあるのですが、必要な種類をお伺いしてもよろしいでしょうか? こういった質問でも大丈夫ですか?


ガイド

必要書類は…

銀行に聞かれるのが一番だとは思いますが、個人的には大歓迎ですよ。必要となる書類は手続きのタイミング毎に異なりますが、一度で揃えられるように、まとめてご案内させて頂きます。 コピーしてお使いください。

◆ 住民票
借り換えの際には「そこに住んでいる」という証明のために、必要不可欠な存在になります。 早期の借り換えで、まだ住居がないという場合には、現住所のものを用意しておきましょう。 その場合は予定住所のアドレスも必要になります。

◆ 印鑑証明書
本人のものと連帯保証人のもの。計2枚が必要となります。これは契約した時に押印したものと同じ印鑑の、証明書が必要になります。

◆ 源泉徴収票
こちらも本人のものと連帯保証人のもの。計2枚が必要です。基本的に1年分の源泉徴収で問題ないかと思いますが、借入金額が大きい場合には2年分と指定される場合もあります。副収入がある場合には、それを証明する物も必要です。(副収入は一般的に確定申告書が必要になります。連帯保証人分も必要)

◆ 勤務先身分証明書
こちらも連帯保証人の分を含めて2枚必要になります。手元にない人の方が多いので、こちらは勤務先に発行依頼をしましょう。

一応ここで一区切り。ここまでは無くしても挽回が効く書類になりますが、以下は無くすとかなり面倒になる種類群になります。

◆ 登記簿謄本
これはその場所にその家がありますよ。という戸籍のような存在になります。言うなれば「私の家だという証拠です」という書類ですね。これを無くしてしまうと大変なので、厳重に保管しているはずです。

◆ 固定資産税評価証明書
毎年払う固定資産税を決めるための書類になります。各市町村の役場でも取得する事ができます。評価証明ができれば良いので、それを明記している納税通知書等でもOKサインが出る事があります。

◆ 権利書
権利書はよくドラマとかにも出てくるペラペラの紙になります。赤い枠のある紙ですね。これは登記が完了しました!という証明書になります。普通は登記簿謄本と一緒に保管している事が多いです。

◆ 建築確認書
これは建築基準に則って作成しています!という確認のために発行される書類になります。住宅ローンの借り換えだけではなく、リフォームをする時にも必要となる書類の一つです。

◆ 検査済証
建築確認をしました。なのでその証明書を発行しました。という書類。正式名称は「建築完了検査済証」で、薄い紙切れで確認書とセットに保管している事が多いはずです。

◆ 返済予定表
今現在の住宅ローンの返済予定を表にして提出する必要があります。開業する際のローン申請でも同様の書類を作成する必要があるのですが、住宅ローンの場合は今契約している銀行に発行依頼を出せる場合もあります。

住宅ローン借り換え比較ランキング 《2017年4月版》