変動から固定への住宅ローン借り換え

変動金利から固定金利へ借り換えする事はできますか?

別のページで変動金利から固定金利への住宅ローン借り換えが難しいという説明を拝見しました。変動金利から固定金利への借り換えというのは駄目なのでしょうか?

説明不足で誠に申し訳ありません。

 

同銀行間での変動から固定に変更する場合は、原則借り換えとなり、費用が発生する場合があります。

 

そして固定金利自体に変更する事ができても、全期間固定金利(完全固定)を選べない銀行が多くなっています。

 

一定期間での固定金利への借り換え自体は比較的容易になっていますので、申し込み自体はいつでもできますよ。

 

難しいというのはあくまでも、銀行によるという部分も大きいため、中には移行ではなく借り換えとして完全に処理されてしまう事があるためです。

 

当然、借り換えでも全然問題がない。費用が掛かっても良いという場合には、手放しでおすすめできる選択肢になります。

 

しかし住宅ローンを利用し始めたばかりという段階では、決断するにはまだ時期尚早であり、完全固定ではなく、まずは期間限定での固定を検討されるのが一番良いかと思います。

 

どうしても全期間固定金利にしたいという事であれば、その銀行よりも手数料や金利を安く設定しているほかの金融機関を利用されるのが賢明です。

 

そして借り換えをするにしても、最も難しいのが、変動金利から固定金利へ変更するタイミングだと言われています。

 

このタイミングはプロでも判断をするのが難しく、景気予測だけでは判断できない部分を多分に秘めています。(その金融機関の対応による部分が大きいため)

 

実際に変動金利でどのくらいの金利設定になってしまうと、毎月の支払い額が厳しくなるのか。本来は初期の申し込み段階である程度把握しておくべきポイントではあるのですが、ここも所得の変動によって、判断が難しくなってしまう事が多々あります。

 

そのため、変動金利を利用している以上は、所得に合わせて、常に一定の想定をしておく必要があります。

 

個人的にはこの支払いが厳しくなると感じたタイミングがベストな時期と考えていますので、借り換えの費用などを念頭に置かれた上で、それでも必要性があるという場合には、固定金利に変更されてもまったく問題ないかと思います。

 

ただ、変動金利も悪い事ばかりではないのです。選ばれた時にも変動金利の魅力に惹かれて契約をされているはずです。

 

今は厳しくても、将来良くなる可能性を秘めているローン形態でもありますので、本当によく考えられた上での決断にしていきましょう。

住宅ローン借り換え比較ランキング 《2017年5月版》

サムネイル
  • 申し込みから契約までネットで完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最安水準の低金利で満足度が高い
  • 団信保険料・8疾病保障保険料が無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料も無料
  • 返済額を少なくする借り換えを実現
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 住宅ローン借り換えでも高い人気
  • 専門スタッフによる無料個別相談
  • 借り換えで借入れ期間延長が可能な場合も
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35で最低水準の低金利
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • 住宅ローン専門で10年の実績
  • ARUHIメンバーズクラブが便利
  • 全国に店舗を展開・安心サポート
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み