住宅ローン借り換え手続きの流れ

住宅ローン借り換え手続き流れは?

住宅ローン借り換えを検討しているのですが、実際に銀行に申し込みをするとどのような手続きの流れになるのでしょうか?現段階ではあまり想像ができず、必要書類を用意するタイミングなども教えて頂けると助かります。あと、住宅ローン借り換え申し込みから実行まで期間がどのくらい掛かるのかも教えて欲しいです。

住宅ローン借り換え申し込み手続きから実行までにかかる期間は大体1ヶ月ぐらいです。手続きは面倒ではありますが、そこまで難しくはありません。

 

以下、一般的な住宅ローン借り換えの流れになります。※ 借入先によって必要となる日数は異なります。

 

1. まずは借り換え先を探す。

 

2. 借り換え先に相談依頼をする。

 

3. 顧客獲得に一生懸命な銀行ほど、早期に相談の電話がくる。(大体翌日には電話が来る)

基本的な手続き内容などをFAXかメールで送信してくる。よく分からないと言うと、スタッフが派遣される。

 

4. 納得がいけば必要書類を準備する。

必要書類は分かりやすくリスト化してくれる銀行がほとんど。

 

5. 借り換え先の銀行から書類が送付される。

返送用書類も併せて送付されるので、その封筒に必要書類をまとめる。書類は大体2日もあれば速達で到着する。(こういう時の銀行は物凄く動きが早い)

 

6. 書類が到着すると最終確認が入る。(返送までに大体一週間を見ておいた方が良い)

この最終確認でYESという回答を出すと、その日から審査にかけられる。

 

7. 大体一週間前後で審査の是非が通達される。

基本的に最終確認まで来ている時点で、審査は通る事が多い。(難しい場合はその旨を担当の人が言及する場合がほとんど)銀行によっては審査が早く、二日ほどで終わる場合もある。

 

8. 審査に通って一週間ぐらいで契約書が送付。

何処の金融機関も契約書の発送は若干遅め。恐らくまとめて書類化するのに、時間が掛かっているかと思われます。

 

9. 契約書ではまだ借入日は設定しなくてもOK。

逆にここで決めてしまう事も可能。借入日が決まったら、"借り換え日"をかつて契約していた銀行に通達。
本当は早い方が良い。でも少し遅くても大丈夫。

 

10. 契約書を送付。

到着までに大体一週間程度必要。

 

11. 契約書が到着してから、指定した日付に借入れが開始。

 

借り換え完了。

 

以上が基本的な流れになります。

 

各金融機関によって必要となる日数はまったく異なります。

早く借り換えしたいという意思を予め伝えておくことで、最速で動いてくれる事もありますので、必要があれば事前に相談してみましょう。

 

審査の部分を短縮する事は難しいのですが、書類を作るスタッフは予め決まっているため、基本は順番ですが、どうしても厳しい事情がある場合には、前倒しして作成してくれる場合があります。

住宅ローン借り換え比較ランキング 《2017年6月版》

サムネイル
  • 申し込みから契約までネットで完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最安水準の低金利で満足度が高い
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料も無料
  • 返済額を少なくする借り換えを実現
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 住宅ローン借り換えでも高い人気
  • 専門スタッフによる無料個別相談
  • 借り換えで借入れ期間延長が可能な場合も
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35で最低水準の低金利
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • 住宅ローン専門で10年の実績
  • ARUHIメンバーズクラブが便利
  • 全国に店舗を展開・安心サポート
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み