住宅ローン借り換えの広告が多いのは?

HOME > 住宅ローン借り換えの広告が多いのは?

住宅ローン借り換えの宣伝が多いのはなぜ?

顔

そもそもなぜ住宅ローンの借り換えが…

こんなに宣伝されてるのでしょうか?ふと思ったのですが、住宅ローンの借り換えをよく銀行側が宣伝していますよね?繰上げ返済の広告もよく見かけます。借り換え等が一般化すれば単純に銀行側の不利益に繋がると思うのですが、何か裏があるのでしょうか?


ガイド

優良顧客を増やしたいという考えがあるのでしょう…

シンプルに顧客を増やしたいという欲求だけで広告を出している事がほとんどです。各銀行はお金を預けてもらう事が基本欲求になります。その預けてもらったお金を、人や会社に貸して利息を得る。

その利息で収益を出しながら、余った利益で投資をする。その投資で得た利益もプラスさせながら、どんどん手広く、そして浅くても利益を出していく。

こういった着々とした、言うなればちょっとした利益を数多く生み出す事で、収益拡大を目指している、ある種地道な営業形態を取っています。

そのため、端から見ているとそれって意味あるの?という事が結構あったりします。融資の無料相談などもそうですね。

あまり勧誘する事なく、こういった融資ができますよ。という相談内容だけだったりします。

結果的に銀行としては馴染みのお客さんが増えてくれる事が、後々の利益に繋がると想定して、様々なサービスを展開しています。

その一つが住宅ローンの借り換え、繰上げ返済でもあります。

どちらも融資が早期終了する事を意味しますので、銀行側にとって大きな利益という訳ではありません。

住宅ローンの借り換え先として選ばれる場合には、明確な利益が生じてきますが、繰上げ返済をしてもらって良い事はあまり無いのが現状です。

しかしお金が動くという事が、銀行の営業成績にそのまま反映されてきますので、長い目で見ていくと、全てが合理的に動かされているのです。

別に利用者がそこまで深く考えすぎる必要はないかとは思いますが、質問者様の言う"裏"があるとすれば、この部分になるかと思います。

ちなみに銀行間同士でも融資をしている事があり、お互いにライバル意識を持っている事もよくあります。そのため、本音として他の銀行からお客さんを奪ってやる!という志を持っている銀行も少なくありません。可能な限り自分の銀行にお客さんを集めたい。

それだけ動かせるお金も多くなりますので、銀行にとっては単純に利用者が増える=利益が増えるという考え方をしている事がほとんどなのです。

一応、金利の数値で業務成績が変化する銀行ではありますが、0金利でも手数料等である程度の利益が見越せる場合もありますので、こちらも単純にお客さんが増えれば◎という思考パターンになっている事が多いです。

住宅ローン借り換え比較ランキング 《2017年4月版》