住宅ローン借り換え比較でおすすめできるのは?

住宅ローン借り換え比較でおすすめの銀行は?

口コミイメージ

住宅ローンを選ぶ際に固定金利のフラット35を選択した方の多くに全期間固定金利だから完済まで放置するものという認識があるようです。

 

実は借り換え融資プランもあるので住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うとお得な場合も多くなっているんです。

 

得するには基本的に金利差が0.3%以上あると良いようです。

 

よく借り換えで例にされているのが固定金利から低金利な変動金利に換えるケースですが金利が1%から2%低く設定されていることが多いのでそのまま低金利のままならお得になりますが、金利上昇リスクも出てきます。

 

金利変動リスクの心配をしたくない人は固定金利制をお勧めします。

 

突然ですが皆さんは住宅ローン借り換えをしたことがありますか?多くの人は行ったことはないと思います。

 

ここではローンの借り換えの流れを確認しましょう。

 

まず最初に行うのは、現在のローン内容や状況を再確認することです。

 

銀行のwebサイトにある借り換えシミュレーションで借り換え後の毎月の支払い額や総額を確認してみましょう。

 

シミュレーション後は借入銀行選びです。

 

金利だけでなく、手数料などの諸費用を見て自分に合ったローンを選びましょう。

 

自分に合う銀行が見つかったら次は仮審査です。

 

仮審査で複数の銀行から融資OKをもらったら条件のいい銀行を選びましょう。

 

現在のローンよりも金利の低いローンを組む住宅ローン借り換えですが、借り換え手続きに際して色々と必要なものがあります。

 

その際、準備する書類は大きく分けて3種類に分類されます。

 

1つ目は現在の住宅ローン返済予定表や免許証などの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる書類、3つ目は重要事項説明書などの不動産業者や法務局で取得できる書類になります。

 

勤務先で取得する書類に関しては比較的見慣れていると思いますが登記簿などは業者への連絡など時間がかかりやすいです。

 

金融機関によっては必要な書類が変わってくるので別の書類が必要になることもあるのでよく必要書類を確認しましょう。

 

毎月のローンの支払額を抑えようと思い、住宅ローン借り換えを考えることがあります。

 

では、その場合、今契約している火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

 

旧公庫ローンの融資の場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

 

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換える際に別の保険に加入することもできます。

 

もし、特約火災保険を継続するのなら保険金の見直しを行いましょう。

 

住宅再建に必要な保険金をきちんと受け取るには、ほったらかしやすい保険なのでいい機会だと思って火災保険は契約したらほったらかしになりやすいので借り換えを機に見直してはいかがでしょうか。

 

初めて住宅ローンを組む際によく聞かれるのが「自動車ローンを組んでいても住宅ローンは利用できるの?」という内容です。

 

結論から言えば出来ます。

 

しかし銀行は年収によってローンの返済額の上限を決めているので車のローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫します。

 

当然ですが、自動車ローンをちゃんと返済していないとそもそもローンの借入はできないので気をつけてください。

 

これは住宅ローン借り換えの審査でも同様です。

 

稀に、現在の自動車ローンがあるので住宅ローンを組めない場合に住宅ローンと一緒にしましょうと提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

 

ほとんどの利用者が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換えはいつから可能なのでしょうか。

 

最短はわかりわからず半年から行っている場合もあるようですが、1例として、フラット35の借り換えを利用する際の条件として、申込日までの1年間、返済を問題なく進めている方という項目があり、他の銀行機関もほぼ同様の審査基準と考えたほうが良いです。

 

また、住宅ローンの借り換えには手数料などの費用が必要になったり新規の借入と違い担保となる住宅が中古物件になることから審査が通りにくくなります。

 

新規の借入時よりもさらに金利が下がっていればメリットはありますが、最低でも1年以上返済をした後に検討しましょう。

 

住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行機関からお金を借りて、現在借入中の銀行Aに完済することで債務を借り換え先に移すことです。

 

借り換えに関しては借入中の銀行機関の承諾は必要ないので理論上では100回でも借り換えを行なっても問題はありません。

 

ただ、借り換えメリットがあるから借り換えを行うわけです。

 

では、どんな時期に借り換えをすると良いのでしょうか。

 

1回限りと言われるとべストな時期に借り換えをしたいですがまた、住宅ローン金利は予測ができないので借り換えを行うべストな時期というものはなくその理由としては住宅ローン金利が今後どうなるのか専門家も予測不可能だからです。

 

そのため、借り換えを考えている方は借り換えメリットを確認してから行動しましょう。

 

住宅を購入する際に住宅ローン控除の適用を受けたいですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも条件を満たしていれば利用できます。

 

しかし、この制度を利用するには勤務先で年末調整をしていた方でも、初めて住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告を行う必要があります。

 

その際、必要書類が多いので前もって準備を始めましょう。

 

借り換えを行なっても継続できる要件としては、当初の住宅ローン返済のためという要件と借り換え後の借入期間が10年以上残っているかという点です。

 

基本的に借り換えを行う理由は借金を返すのが目的ではなく金利を見直すためなので借入額が増えていたりしなければ適用可能なことが多いです。